被保険者が、病気、災害にかかわらず「重度の障害の状態」に該当したときに重度障害保険金をお支払します。

重度の障害の状態とは?

以下の三つのいずれかに該当する状態となります。
1)障害等級表※1に定める第1級もしくは第2級に該当する障害の状態
2) 1)に該当すると認められる状態
3)要介護認定等に係わる介護認定審査会による審査及び判定の基準に関する省令※2の第一条第一項四号または第五号の状態に該当する状態

【参照】

お支払について

重度障害保険金額の全額を重度障害保険金受取人にお支払します。

お支払のご注意点

保険金をお支払できない主な場合

被保険者の犯罪行為

被保険者の自殺行為

保険契約者または被保険者の故意もしくは重大な過失

被保険者が、戦争その他の変乱によって重度障害状態に該当したとき。ただし、戦争その他の変乱による重度障害者の数の増加が、この保険契約の計算の基礎におよぼす影響が少ないと当社が認めたときは、その程度により保険金額を全額、または削減して支払うことがあります

死亡保険金と重度障害保険金の重複支払の調節について

被保険者が当社の死亡弔慰金保障と重度障害見舞金保障に重複して加入していた場合は、当社が死亡保険金を支払う前に重度障害保険金をお支払していた場合は、死亡保険金からお支払済みの重度障害保険金を差し引いた額を死亡保険金としてお支払します。
また、死亡保険金をお支払した後に、重度障害保険金の請求があってもお支払できません。